SDGs「つくる責任 つかう責任」
ホーム > SDGs「つくる責任 つかう責任」

SDGs「つくる責任 つかう責任」

たまには真面目な話^ ^

ファッションビジネス学会が主催の勉強会に参加。
FORUM 0704(おなおし)2019ー私たちにできることー
in文化学園

大きなテーマは、
2015年9月の国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)について。

 

SDGsの世界を変えるための17の目標がある中の、12つ目

「つくる責任 つかう責任」

こちらが、アパレルにはすごく重要だと思います。

日本で1年に廃棄されている新品の服は10億着というデータが話題になった、
「大量廃棄社会」著者の藤田さつきさんのお話が伺えました。
どこからその数字がでたのかというと、2017年のデータ
(服の国内の供給量38億着 消費量が20億着(日本繊維輸入組合の家庭消費規模))だそうです。

2013年4月バングラデシュの8階建ての商業ビル「ラナプラザ」が崩壊した事故からアパレルでも
エシカル意識が高まり、浸透してはきていますがまだまだしなくてはならないことが山積みなアパレルなのは
日本だけでなく世界共通だと思います。

どうしたらいいのか。エシカルでない商品は買わなければいいのか?そうではないと思います。
個人でできることは、
ボイコット(boycott)でなくバイコット(buycott )ということを日本エシカル進行協議会の理事薄羽美江さんがおしゃっていて同感です。

毎日、パーソナルスタイリストとして店頭でお客様が求めているもの、必要なもを探して
スタイリングさせていただいていますが、欲しいものが見つからないことが多々あります。特に働く女性のビジネス服。

娘の保育園生活も1年経ち様子も分かってきたので、アパレル企画会社用につくったneaten合同会社を本格的に活動しようと決心しました!
(今は、自社の発信より他社アパレルさんのデザイン・プロデユースや生産のお手伝いが中心)

エシカルはもちろん、買う人よし、つくる人よし、売る人よし、みんなが喜べるように。
皆さま応援よろしくお願いいたします^ ^

頑張って発信していきます。と宣言しておこう!

令和元年7月6日
パーソナルスタイリスト 黒田茜


過去のブログ

Akane Kuroda

バナーを作成