自分で出来るお直しの紹介2013.4.9
ホーム > 自分で出来るお直しの紹介2013.4.9

自分で出来るお直しの紹介2013.4.9

カットソーや、ブラウスの縫い目が少しだけ、さけてしまった事ありませんか?

もう、十分着たモノですと、お疲れさま(処分)したらいいと思うのですが、

まだまだ、新しい、着たい!と思ったアイテムを

自分で簡単にお直しをする方法をご紹介致します。

カットソー、ブラウス、などに活用できます。

後身頃がカットソー生地で、前身頃がシルク素材のトップスの裾脇が1.5cmほど裂けてしまったケースの

補修例です。

①こんな状態

②裏にして、なるべくピタッと脇がくっつくように置きます。

③そのままの状態で、補強のため芯地を

程度の大きさにカットしてアイロン接着します。

こちらは、2cm幅位のテープ状にカットして仕様しています。

*芯地とは下記のような、服飾の付属資材です。

(生地屋さんは、もちろん最近では大き目な100円均一店でも見かけます)

④表返して、更に補強&芯地が外れないように

糸で脇をまつるように縫う。

⑤これで、終了。お疲れさまです!

それなりに直りますよ。

私が、かかった時間は20分位です。

洋裁が嫌いでない方でしたら、ぜひ

少し、裂けてしまったと言った服はお直して、復活させて上げて下さい。

 

本日、銀座でショッピング同行&ヘアーチェンジ同行です!

新宿を中心にショッピング同行しておりますが、

ご指定のエリアでも、御相談(&プラス料金3000円)で参ります。

素敵なご提案今日も一日頑張ります!

皆さまも素敵な一日をお過ごしください☆



過去のブログ

Akane Kuroda

バナーを作成