後輩からの電話で感じた事2013.5.31
ホーム > 後輩からの電話で感じた事2013.5.31

後輩からの電話で感じた事2013.5.31

アパレルの後輩から電話。

 

レギンスの素材に対しての寸法出し、中国の工場への伝え方。

失敗する時間がある場合は、一度思った通りに指示して、

自分ではいてみて、

生地はどれだけ伸びて、どれだけ伸びないと足やお尻が通過しないかなど

試してみる事をアドバイスする。

 

しかし、間違える時間がなく撮影や納品に迫っている時は

今までの経験値から、想像できる寸法、縫製仕様をアドバイスする。

 

パーソナルスタイリスト目線から、今の店頭の流れや

「今」のサイズ感などもアドバイス出来る。

 

アドバイスを求められる年齢そして立場になってきたのだと、

最近嬉しさと、ずしっと重みを感じるようになってきた。

 

アパレル企業で働いて、1年目どれだけ衿ぐりを自分で作成した事か(汗)

衿は服の中で、一番目に入る部分なのでよりキレイに見えるあきや、衿のかえりなどに

こだわってパターンを作成していました。

新人だから、仕方ない。そんな事は絶対思われたくないと必死だった。

 

なんの仕事でも

自分で思った通りに先ずやってみる、失敗、修正、考え直しの繰り返し、

先輩、上司の意見を沢山もらって、成功率が高まると思います。

 

かわいい後輩からの電話で、初心を思い出し懐かしい気持ちになりました。

Mちゃん ファイト!応援しているよ~(^-^)~

着心地がよく素敵な服を世の中に提案していって下さいね。



過去のブログ

Akane Kuroda

バナーを作成