販売員さんとコミュニケーションが苦手な方へ
ホーム > 販売員さんとコミュニケーションが苦手な方へ

販売員さんとコミュニケーションが苦手な方へ

下記のお悩みをお客様から頂きました。

 

同じような、ご相談を今まで頂いた事がございます。

 

 

店員さんとのコミュニケーションの仕方が本当に

 

  難しいと感じてしまいます。

 

『買わされる感』がぬぐえず、

 

恐怖で上手にコミュニケーションできなくなってしまうんです 。」 

 

  

 

 

≪色々服を見たい。別に今日服が買えなくてもいいといった日≫

 

 

「今日は、ちょっと下見だけだけどいいですか?」

など、自分から声をかける。

 

[どんなアイテムをお探しですか?]

と声をかけられたら、

 

本当に探しているものが、あれば伝えたらいいと思います。

表に出ていない商品もある場合があります。

 

探しているものはなく、ただ服を見に来た場合は、そのまま

 

「特にないのですが、何か素敵なものがあればと思って。

 

ゆっくりみさせて頂きます。」と伝える。

 

 

 

 

≪必ず今日服を買いたい時≫

 

 

どこで、何用に着るか伝えて協力してもらう。

 

例えば、「仕事用で、濃色のジャケットを探しています。

 

普段ワンピースが多いのでワンピースに合うデザインで

 

お勧めありますか?」

 

など、プラス、やわらかい素材がいい、洗える素材がいいなど

 

好みを伝えると、より希望の服が見つけやすくなります。

 

 

 

≪ゆっくり自分で決めたい場合≫

 

 

販売員さんに、色々進められて断れなくて買ってしまった。

 

やっぱり、始めいいと思った色にしておけばよかったなど、

 

販売員さんの意見に左右されてしまう方へ。

 

試着室から出ないで、

 

「自分で考えます。」と一言伝えて、自分で鏡を見て判断する。

 

靴を見たバランスを見る事はできませんが、

 

トップスのシャツ、インナーなどはそれも有りだと思います。

 

 

 

―---------------

 

本日、4月のスタートは顧客様からのご紹介で、

 

ファッションカウンセリングにお越し頂きます。

 

お会い出来ますご縁に感謝致します。

 

 

皆さまも、素敵な4月のスタートをお過ごしください☆

 

 

 



過去のブログ

Akane Kuroda

バナーを作成