似合う服は色だけでは判断できない
ホーム > 似合う服は色だけでは判断できない

似合う服は色だけでは判断できない

ここ数カ月、新規のお客様からのお悩みで

 

自分のパーソナルカラーを知ってから、

 

・似合うと言われた色以外の服着れなくなった。

・服を買いにいっても色が気になりショッピングを楽しめない。

・いつも同じ色を買ってしまう。

 

色々な色のTシャツを着た写真を事前に撮ったものを持参

頂き、似合っていないモノを教えてください。とご質問を頂いた事もあります。

 

色より、Tシャツのデザインで似合う似合わないの方が気になります。

服での色は素材でも綿の黒、ウールの黒、シフォンの黒、サテンの黒でも色に出かた

 

が違います。また、ウールの素材でも編み地でもハイゲージ(細かい編み地)が似合う方

 

ローゲージ(ざっくりとした編み地)が似合う方といるので、色だけでは似合う似合わないは、

 

判断出来ない事が多いのがファッションです。

 

なんととってもトータルのデザインです。そしてヘアーメイクのバランスも重要です。

 

もちろん、似合う色を知っている事な強みだと思うので、得意な色を味方にでも

がんじがらめになららいで、パーソナルカラー以外の色も楽しんでくださいね♪

  

黒が苦手と言った相談も多く頂くので、そんな方にもぜひ見て頂きたい

素敵なフィルムを見つけました。 

「CHANELの色」

http://www.chanel.com/ja_JP/

 

私、パーソナルカラーが春なので、その基準だと黒は似合わない色ですが、

黒も着ます。その時は少しメイクの色味をしっかり入れます。

着たい色の服を選び、似合うようにヘアーメイクをした方が幅が広がります。

 

今年の春夏のCHANELのコレクションも素敵でした!

http://www.chanel.com/ja_JP/fashion.html

CCCC

―———————

本日は、企画デザインの仕事です。

日々のパーソナルスタイリングでお客様頂いた声を元に

企業さまに、カタチにしてもらう仕事も今年は増えてきました。

 

今日も一日頑張ります♪



過去のブログ

Akane Kuroda

バナーを作成