どうしても手放せない服・・・でも着られない服
ホーム > どうしても手放せない服・・・でも着られない服

どうしても手放せない服・・・でも着られない服

 クローゼット診断へ伺うと、

 

「どうしても手放せない服・・・でも着られない服」

 

をお持ちの方が少なくないです。

 

・デザインが古く、サイズ感もあっていないけど、

素材・柄が大好きで、状態も悪くない。

 

・頂きものや、はじめて買ったブランドものなど思い出がいっぱい。

 

・旅行の思い出。

 

・記念日に着ていた服。

 

思い出が、手放せない理由という事が多いです。

 

着用した写真が残っていれば、あの写真を思い出と共に大切に!と

 

手放すのもいいかなと思います。

 

形見など、たまに見ては心が落ち着くなど、そのモノを残す事に意味を感じる、

場合は手放さず、大切に保管した方が素敵だと思います。

 

手放したい、でも何だか決心がつかないと言った場合は、

違う形にして残すのはいかがでしょうか。

 

 

20代の頃実家で、家族でお揃い?!(笑)で着ていたスヌーピーのパジャマ。

 

20代の頃は似合っていましたよ~。本当に(*^_^*)

 

今は、出張や旅行の時の着替えの仕分け袋に、パッチワークに&

 

くるみ釦にして、記念として残しています。

 

くるみ釦は、簡単に作れるキットがあります。100円均一でも最近ございます。

(100円均一 のは少しコツがいるので、初心者は洋裁道具店などで販売させている

ものがお勧めです )

 

 P1090909

 着たおした、綿の生地がビンテージっぽくて ウッドストックがボタンばえします♪

 

家族でスヌーピーを着て、夜思わず笑っちゃった思い出も鮮明に思い出します(^-^)

 

装いが、思い出をプラスしてくれている事もありますね。

 

 

4年前のブログでは、Tシャツをエコバッグのモチーフにしていました。

http://ameblo.jp/pskuroda/entry-10488748759.html

 

―-----------------

本日は、転職に引っ越しとライフスタイルが一気に

 

変わったお客様のクローゼット診断に伺います。

 

はじめてお会いしたのは2010年6月。

 

今が一番楽しいですと、嬉しいご報告と共にご予約頂きました。

 

新しいライフスタイルにあったクローゼットのお手伝いをさせて頂けます事

 

とても嬉しいです。ありがとうございます!



過去のブログ

Akane Kuroda

バナーを作成