平面から立体を感じるの服が、日本らしさ 2012.8.19
ホーム > 平面から立体を感じるの服が、日本らしさ 2012.8.19

平面から立体を感じるの服が、日本らしさ 2012.8.19

昨日、東京現代美術館で開催中の「FUTURE BEAUTY 日本ファッションの未来性」

に行ってきました。

 

イッセイ・ミヤケ、川久保玲、山本耀司に代表される日本ファッションの独自性をクローズアップした展示。

 

強く感じた事、日本のファッションの原点は「着物」である。

平面をいかに、立体にするのか、

平面が立体になる時の生地と生地、生地と身体からうまれる「間(ま)」の美しさが

日本服の美学なのでは。

 

重ねる、結ぶなどの仕様の美しさの原点も「着物」からの発想に繋

がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門学生時代は立体裁断を学び、服は立体であればあるほど美しいと思っていたが、

服には、色々な美しさがあっていいのだと思えた展示。

 

ファッション、服は本当に奥が深い。改めて着物を学び始めて服と繋がる事を感じる。

 

日本ファッションは、着物が原点にある事、四季を感じながら生活している色彩感覚などから

日本人ならではの発想、発信がある。

 

海外もブランドももちろん素晴らしいが、

「日本のブランド」の良さを伝えていこう!と思う。

 

 

イッセイ・ミヤケ 2010年 秋冬

ポリエステル平織りのトップスとスカート。畳んだ状態で施された箔プリント。

畳むとYの字の形。

(畳めると言うのも、タンス生活の日本ならではの発想なのでは。)

 

 

 美術館2階のベトナムカフェのランチ。

一回のみ、再入場可だったので、ランチ後また戻って復習して帰りました(^-^)

 

 

 

 



過去のブログ

Akane Kuroda

バナーを作成