服が少ないクローゼット診断
ホーム > 服が少ないクローゼット診断

服が少ないクローゼット診断

先日、今年一番(後2ヶ月有りますが)服が少ないお客様のクローゼット診断でした。

 

「自分のクローゼットが多いのか少ないのか分らない。」

とおっしゃる方がいらっしゃいますが、この方は少ない方です。

 

左からキャミソールで始まり右は喪服。オールシーズンです!
頑張ったら両手で持てそうな量。*投稿の許可を頂いております。

(N様 40代 都内在住 IT関係内勤 ワーキングマザー )

IMG_20151003_170925

 

「これは、少ないですか?もっと減らしたい。」とおっしゃっていました。

 

スーツ2セット、お呼ばれ服も入っています。

キャミソールをかけているのも珍しいですね。(少ないから掛けられるんですね)

*コートは別の場所。

IMG_20151003_162902

*靴は、スニーカー以外オールシーズン。

IMG_20151003_163030

*こちらが処分になった服。

IMG_20151003_162942

(処分になった服はクローゼット画像には入っていません)

 

N様、把握出来る量の服での今年あらたな

コーディネートが楽しめそうですね!ありがとうございました!

 

服の量を減らしたい。

「フランス人は10着しか服を持たない」などが流行り、

そういうご希望も増えています。

 

ご職業によっても、必要な枚数は変わると思います。

 

 

制服がある仕事をされていたら、通勤服が少なくてすみます。

内勤で、職場の雰囲気によって少なくてすむ場合もあります。

営業や、人に会う事が多い職業はある程度枚数が必要だと思います。

 

{服を少なく過したい方へ}

 

シーズンごとに、

ボトムを4枚。

トップスを7枚。

羽織り、ジャケット類 3枚。

これがあれば、殆どの方は過せます。

 

その厳選した枚数を選ぶには、定番のスタイルをつくる事。

コーディネートしやす着&日々着てもあきない&丈夫なもの

アイテムを選ぶのがポイント。

 

定番のスタイルがない人は、

コーディネートに迷う服を多く持ち、これを着るために、あれが必要など。

悪循環に服が増えていきます。

 

服がたくさんある方が幸せ!と言う方、メンテナンスが出来ていて

大きいクローゼットをお持ちでしたらそれは、それでいいと思います(^-^)

 

断捨離が流行り、少ないのがいい!といった流れもありますが、

量より、どのように服を持つかが大切だと思います。

 

 

 

 

 

 

 



過去のブログ

Akane Kuroda

バナーを作成