『コンタクトはしないの?』の裏の声。
ホーム > 『コンタクトはしないの?』の裏の声。

『コンタクトはしないの?』の裏の声。

先日、お越しいただいたお客様。

 

友人に、『コンタクトはしないの?』と聞かれたことは、そう言いう事だったんだ。

 

と納得されたました。

 

ファッション専門家として、装いについてアドバイスさせていただいておりますが、

 

ヘアーメイク、(眼鏡・アクセサリー)のバランスを大切にしております。

 

服を買うより、まず、眼鏡を変えましょう。

 

ヘアーメイク力をアップしましょう。案外、服は整っています。という方もいらっしゃいます。

 

自分で、お洒落じゃない、垢抜けないと思っている方、それはどこ部分なのか客観的にご自身では

気がつかない事が多いです。

 

先日お越しいただいたお客さまは、

 

眼鏡がエレガント(金属フレームで華奢なデザインです)

ファッションがスポーツウエアも私服に混ぜているスポーティー。

 

ライフスタイルも、ジムに通われたり、自転車(本気な方の)など乗られていて

アクティブ。お仕事は、現在在宅がメインとの事。

 

初対面で、『なんで眼鏡だけエレガントなんだろう。』と感じます。

 

と正直お伝えしました。

 

眼鏡が装いとあっていて素敵な場合は、コンタクトはしないの?

と、わざわざ聞きませんよね。

 

裏の声は、

「眼鏡しない方が素敵かも?!」と思われている可能性も?!

 

 

在宅の前に、通勤されていて硬い職場だったとの事で

その時の装いとはとてもバランスが合い素敵でした。

 

ライフスタイル、服装が変われば、眼鏡、ヘアメイクも変わる!です!

うっかり、自分の眼鏡をかけた姿がそのまま顔と思って(笑)しまうかもしれません。

似合っているとなおさらです。

 

サービス後、嬉しいご感想いただきました。

一部ご紹介いたします。

 

『やはり、トータルコーディネートができることが、黒田さんのショッピング同行の醍
醐味といいますか、強みの一つと感じますので。眼鏡を指摘されたのは、まったくノー
マークな部分で嬉しい驚きでした。ショップの店員さんは、ショップの中だけなので。
まさに贅沢な体験でした。』

 

T様、先日はありがとうございました!

お会いできましたご縁も嬉しかったです。

 

画像は、眼鏡ベストドレッサー賞2014年の石原さとみさん。

ファッション、メイクより眼鏡にお金をかけるそうで、さすがお似合いです。

眼鏡に、真っ赤なリップ、黒の光沢のシャツの合わせがクールビューティーですね。

こんな雰囲気もお似合いになるんだというのも眼鏡のお洒落の楽しみですね。

まとめ髪に、ピアスをしていないとことも眼鏡が主役になって素敵!

141021bestdresser_ishiharasatomi01_600

画像は下記より

http://www.glafas.com/news/topics/140829bestdresser.html

 

 

 

 

 



過去のブログ

Akane Kuroda

バナーを作成