大人の花柄の選ぶポイント 
ホーム > 大人の花柄の選ぶポイント 

大人の花柄の選ぶポイント 

春になると、花柄を着たくなるのは私だけでしょうか^ ^ 

 

でも、大人の花柄って難しいですよね。
甘すぎではないだろうか、また老けて見えるのではないかと。

 

「エレガントでお洒落、高級感がある花柄を大人の女性には着てほしいな。」

(*花柄を素敵にみせるには高そうに見えるというのもポイントです(笑))

と思います。

 

[大人の花柄の選ぶポイント]

 

・かわいいよりエレガントよりの花柄を選ぶ

・プチプラでなくある程度の価格帯を選ぶ

・素材は、ツヤや光沢があるもの、または織り感のあるしっかりしたものを選ぶ

・全面でなく、一部花柄が入っているなど総柄でなく部分柄のデザインを選ぶ

 

このあたりを押さえれば、若作り、または老けて見えるといったことは避けることができます。

 

花柄挑戦してみたいけど・・・・

何を買っていいか分からない・・・

といった方にプロデュースブランドRINの2017春夏新作で製作しました。

_RIN_06 

裾のペプラム(裾から出ているヒラとした部分)はパンツスタイルでは出してきて、スカートスタイルの時はインして着れる優れものデザインです。

花柄は、苦手という方にエレガントは春ツイードの白もございます。

_RIN_09−1

photographer:Zuhn Choi 

model:北川千晴 

makeup:山崎順子 

RIN designer:瞳 

RINproducer/stylist:黒田茜

 

RIN 2017春夏

サイズ展開:M(7号から11号サイズ対応) L(13号前後対応)
価格帯:トッップス1万円代 羽織2万円代〜3万円代

画像の2型は、16800円プラス税 (18144円税込)

 

こちらの商品は、2月28日から3月5日の恵比寿での展示会受注会でご注文頂けます。

ぜひ、遊びにお越しください(^^)

Šî–{ CMYK

基本 CMYK

 

 



過去のブログ

Akane Kuroda

バナーを作成